キダチアロエで便秘解消!アロエベラは肌トラブルに有効!

地植えされたアロエベラ

30年か40年かも忘れるくらい前、友達からもらって植えた小さな2種類のアロエ。そのキダチアロエアロエベラ。今は1メートル四方くらいに成長したキダチアロエが、我が家の西と東に鎮座しております。

キダチアロエは葉のついた茎から芽が出て大きな長い葉になり、またその葉の茎から芽が出てと次々と子孫を増やしていきます。

その足元で、横に広がるようにはえているアロエベラ。茎が短く円形に葉をつけていきます。寒さに弱いとされていますが、キダチアロエに守られているかのように、その周りにはえています。このアロエ達は、この家に住み始めての40数年の歴史と共に育ってきました。

あまり、かわいいとも言えない、針を沢山つけた長い尖った葉のアロエですが、ある年から11月頃になると、キダチアロエに南国っぽいエキゾチックな赤い花が咲くようになりました。しばらく、その花を楽しめます。

花が枯れると茎の長いその花と、はびこった葉を切り落とし少しスッキリさせるのですが、すぐに自由気ままに伸び始め、「私はここにいるぞ!」と言わんばかりの存在感です。

アロエは医者いらずとも言われ、200種類ほどの有効成分が含まれているそうで、原産地である砂漠の厳しい環境でも生き抜くことができるよう、多くの栄養成分が葉に蓄えられているらしい。私も時々お世話になっているので、この偉そうな姿も許しましょうか。

アロエを肌に塗ったり胃腸のために食すイラスト



日本にあるアロエは、ほぼキダチアロエアロエベラが多いようで、一般的にはキダチアロエは薬用に、アロエベラは食用に使われることが多いようですが、どちらも同じような成分を含んでいます。

ただ、薬事法でキダチアロエは全葉を使うことを認められていますが、アロエベラは表皮と葉肉の間にある苦味成分を除去しないと食品や化粧品に使えないということで、その分キダチアロエの方がアロインをはじめ有用成分の種類が多くなるということのようです。

アロエの主成分

アロエの主成分は葉に含まれる多糖体で沢山の糖がつながり、様々な働きを持つ成分です。

またビタミンA、ビタミンB1ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、鉄分、ミネラル類など多数

アロエの効能

美白効果

アロエシンはビタミンCと同じくらいの美白効果があり、しみ、そばかすを薄くしメラニン色素を作るチロシナーゼの増殖をおさえ細胞の生まれ変わりを促進する。またメラニン色素を肌の外へ追い出すため、しみ、そばかすを消す効果も期待できる。

火傷やケガの治療効果

サルチル酸、糖タンパク(ベレクチン)は火傷やケガによる炎症をおさえ、次にビタミンCや多糖体などが皮膚の細胞を活性化し、免疫を調整する成分が皮膚を修復していく。

腸内環境を整える

アロインなどは腸内の水分量を増やし、ぜん動運動を活発にして腸内の余分なものを押し出して便秘を解消してくれる。アロエニンは腸の調子を整える。

多糖体は善玉菌を元気にし、腸の調子が整えられることで肩こり、頭痛、高血圧、喘息、じんましん、などのアレルギー性の病気、生活習慣病などの予防、改善につながる。

胃の健康効果

アロインとアロエエモジンは胃液の分泌を促し、消化を活発にして、胃もたれや消化不良を防ぐ。またアロエウルシンが潰瘍の表面を覆い、傷ついた胃壁を胃酸から守り痛みを緩和する。

アロインはアロエの外側の硬い葉に多く含まれているので、ひどい便秘の人はキダチアロエの外の葉ごとすりおろして食べたり、それを絞って飲んだりすると、より効果が高いようです。ただ少々苦いです。

孫の鼻の上に時々現れるニキビ

中学生の孫はお年頃なのか時々、鼻の上にニキビ? が1つポツンとできます。薬をつけても治らないと言うので「アロエを塗ってみたら」と我が家の良く育ったアロエのジェルをつけさせてみたところ2~3回塗ったら治ったと喜んでいました。

ある日、また同じところにポツンと出ました。「ばあばアロエちょうだい」と言うので「あなたのところにも植えてあるでしょう」と言うと「はあばんちのアロエじゃないと治らないの」と言う。

2~3年前、孫の家の庭にも我が家のアロエの苗を植えていて、かなり育っているのですが?「えー何が違うの」と不思議でしたが、やはり長年栄養を蓄えてきた大きくふっくらしている葉のほうが栄養豊富で効果も強いのか?気のせいなのか?我が家のアロエの貫禄勝ちでした。

私のアロエ利用法

私は太陽に当たり日焼けした日にはアロエベラの、葉の中のジェル状のところを、顔を洗った後べったり塗っておきます。塗った時はヌルヌルしますが、不思議とすぐに乾きサラサラになります。しばらくして洗い流し、化粧水を叩き込み終了。

顔の熱がクールダウンして、とても気持ちがいいです。顔に塗る場合はアロエベラのほうが刺激が少なく肌に負担がかからないように思うので、顔にはアロエベラを使います。

また熱い鍋に触ったり、油が飛んできたりして軽い火傷をした場合にはキダチアロエを即、塗ります。便秘の時は葉1枚分のジェル状のところを1~2度食べると解消します。

一般的に食べる場合はアロエベラを使いますが、私はキダチアロエを使います。それはキダチアロエは水分が多いので食べやすく、アロエベラはネバネバが強く喉に通りにくいという私の理由です。

人によって効き方が違う

私にはよく効くアロエですが、娘のひどい便秘には1度や2度食べても効きません。体質や症状によって効き方にも違いがあるので、少しずつ試してみると良いでしょう。

肌に塗る場合も私は平気なのですが、肌の弱い人はパッチテスト的なことをした方が良いかもしれません。

私の食べ方

まず葉についているトゲトゲの針を料理ばさみで縦に切り落とします。次に洗って4~5㎝に切り分け、まな板の上で魚の皮を削ぐように外の硬い皮を削ぎ落とし、ジェル状のところをわさび醤油で食べます。

好みでキダチアロエでもアロエベラでも良いし、ヨーグルトに入れたり他の食べ方をしても良く、色々とアレンジして利用すると楽しいですよ。

庭の片隅にでも、キダチアロエアロエベラを1本ずつ植えておくと便利です。どちらか1種類しか無い場合は、それを利用すれば良いと思います。

 

蕾を付けたキダチアロエ

只今、我が家のキダチアロエのあちこちに長~い茎を出して、その先に蕾がついています。それが咲くと、しばらく南国情緒を楽しめそうです。季節は寒さに向かっていますが・・・

健康効果のある良い香りと人を不快にする悪い匂い!匂いの知識を生活に役立てよう!

コーヒーやお茶の良い香りと加齢臭等の悪い匂い

3時になると「緑茶にしようか?、紅茶がいいかな??コーヒーにする?」とお茶だけでも何通りもの種類があり、香りがあります。

今日は息子が挽きたてのコーヒーを入れてくれました。コーヒーは味というよりも、まさに香り。しばらくは部屋中にコーヒーの香りが漂い、とてもいい気分です。

ほかに家庭には、どんな香りがあるんだろう。と、なんでもない事を思ってしまいました。そしてコーヒーは、いい香りの代表的な物だと感じますが、コーヒーの嫌いな人にとってはどうなのでしょう?

生活の中ではどんな香りがあるのかな

朝起きて一番に漂うコーヒーの香りは、私の一日の始まりの香りです。コーヒーを飲みながら朝食が進むにつれて、体の中も起きてきて動く準備が整います。

コーヒーの活用

コーヒーの香りにはストレス軽減やリラックス効果があり、成分のカフェインには脳を活性化させ集中力をアップさせる効果があります。

コーヒーの種類で変わる効果

種類の多いコーヒーは、その成分量にも違いがあり、効果にも強弱があるようです。選ばれた6種類のコーヒー豆を使用した実験では、リラックス効果が特に高いのはブルーマウンテンとグアテマラの香りで、リラックス状態に出るα波が多く出現したという実験結果が出たそうです。

また「P300」という指標で情報処理能力への影響も計られました。その結果、特に高かったのはブラジルサントス、マンデリン、ハワイ・コナの香りだったそうです。先のリラックス効果が高かった豆は情報処理速度が遅かったといいます。

焙煎でも変わるコーヒー効果

コーヒーは焙煎により味と香りが引き出されますが、浅煎り、中煎り、深煎りとあり深煎りになるほど苦味が増すといわれます。

リラックス効果は深煎りのほうが上がり、情報処理速度は中煎りが最も上がったという実験結果が出たそうです。

ということは、リラックス効果にはブルーマウンテンとグアテマラを深煎りにして飲む。情報処理能力を高めるにはブラジルサントス、マンデリン、ハワイ・コナを中煎りで飲むと良いということになりますね。

今まで、そんなことを考えてコーヒーを飲んだことはありませんでしたが、状況に応じて豆をかえたり挽き方を変えたりすることで、コーヒーの効果が高められるなら、試す価値がありそうです。

今のコロナ禍で、お家時間が多い時に、色々試してみるのも楽しいかもしれませんね。
朝は情報処理能力が高まるコーヒーを飲み活動的に。午後3時にはリラックス効果のあるコーヒーでほっと一休み。なんてどうかな。

しかし1日3~4杯までに。それ以上飲むと反対に胃腸に負担がかかったり、睡眠に良くなかったりするので程々にしましょう。

昼頃になると、ご飯の炊きあがったホワーと温かい湯気の香りや、カレーを煮込んだスパイシーな香りが漂い食欲をそそります。

カレーは野球選手だったイチローさんも毎日食べていた‼

香りのスパイスはクミン、コリアンダー、シナモン、クローブナツメグオールスパイス、ローレルなど種類は豊富。これらによって風味がつけられます。

辛味はカイエンペッパー、ブラックペッパー、ジンジャー、などを使います。

色はターメリック(ウコン)でつけられ、これらが程よくミックスされ、ちょっと刺激的な味と香りが生まれます。

その香りに食欲をそそられ、カレー好きの人には、ちょっと危険。食べ過ぎ注意!になることもありますね。反面、食欲のない時などは、とても良いと思います。

こんなにあったカレーの効能

カレーに入っているスパイスには漢方薬として使われているものも多く、新陳代謝を高め、食欲増進、健胃、疲労回復、認知症予防、抗酸化作用など、体に良い効果が沢山あります。

毎日カレーを食べていたら、あの素晴らしいイチローさんになれるかもよ⁉冗談です。

食後は勿論フルーツです。その中でも特に柑橘類の皮をむいているとフワーッと広がる爽やかで甘酸っぱい香りは、食べるだけでなく癒しの香りがして大好きです。

柑橘類で美容と健康

柑橘類の香りの主成分はリモネンで、皮に多く含まれており、リラックス効果があります。ほかにも交感神経を活性化させ血流を良くしたり、脂肪を分解する働きがあります。

またカロテンやクエン酸、ビタミンCが豊富に含まれていて、疲労回復、風邪予防、美容にも役立ちます。

皮の内側の白い部分や袋、筋に含まれるビタミンPは毛細血管を強くし、動脈硬化を予防する効果があります。

みかんに多く含まれるβ‐クリプトキサンチンは抗がん作用があるとして注目されています。

乾燥した皮、陳皮(チンピ)は生薬として風邪の改善、リラックス効果、冷え性の改善、胃腸の調整などに使われます。

私は新鮮な柑橘が手に入ると、柑橘を食べた後の皮をお皿に乗せ卓上に置き、香りを漂わせます。寝る時はそれを寝室の枕元に置いて寝ます。「いい香り~」と思っているうちにリモネンの効果で眠っています。単純なわたし!

暖かい季節になると、家の周りのあちこちでミントがはえてきます。暑い夏でも寒い冬でも手をかけなくても、どこかで生き残っている頼もしいハーブで、甘くて清涼感のある香りがします。

ミントで優雅に

ミントを庭から摘んできて料理に添えるのが私の主な利用法ですが、たまに生葉をハーブテーにして飲み、スーとした爽やかな香りと雰囲気を楽しみます。

ハーブはちょっと癖があるので好まない人もいると思いますが、ハマる人は、ハマってしまうそうです。

初めての人は生葉より乾燥した葉のほうが生臭ささがなくて、飲みやすいかもしれませんね。

先日テレビで、ハーブティーの美味しい組み合わせをやっていました。(ミントティーに緑茶)(ラベンダーティーに紅茶)(ラベンダーティーにホットミルク)を合わせると美味しいということで、私もやってみました。

ハーブティーの美味しい組み合わせ 

【ミントティー+緑茶】緑茶の香りがミントの強い香りをマイルドにして緑茶の香りも残り爽やか。
ミントの成分メントールと緑茶に含まれるカフェインやビタミンCで、疲労回復効果がありそう。

【ラベンダーティー+紅茶】ラベンダーと紅茶の香りが程よくミックスして美味しい。
ラベンダーと紅茶に含まれるカテキンには抗菌作用があるので、喉や風邪に良さそう。                

【ラベンダーティー+ホットミルクティー】ミルクにラベンダーの香りがフワッとして面白い。
リラックス効果のあるラベンダーと、牛乳に含まれる誘眠作用のあるトリプトファンで、寝る前に飲むと安眠できそう。     

はちみつを入れると柔らかい味になり、入れないのも洒落た味がして美味しかったです。

また、ミントは蚊が嫌いな『シトロネラ』という成分を含んでいるので小鉢に植え、窓辺などに置くと虫よけになるといいます。


ハーブは薬効がある反面、注意すべき点もあるので子供や妊婦さんは控えたり、薬をのんでいる方は主治医に相談したほうが良いと思います。

一日の生活をちょっと見回しただけでも幾つもの香りがあります。まだまだ沢山の香りがありますが、それぞれの役割りを担っています。

香りとしては植物には良い香りの物が多いように感じますが、やはり気をつけなければならないのは人間を含む動物ですね。動物園に行くとなかなかの匂いですよね。

それでは人間の匂いはどうなのでしょうか?

人間の匂い

孫が3歳の頃の出来事

孫が3歳のころだったか、孫に会うといつも「ばあばー」と抱きついてきます。ある日「ばあばの匂いー」と抱きついて言いました。「エエッ、ばあば臭い?洋服も洗濯しているよ」と言うと「ちがうよ。くさくないよ。ばあばのにおいなの」と言い、ばあばには、ばあばの匂いがあり、ママにはママの匂いがあり、それぞれ違うのだと言うのです。

後日ネットを覗いてみると、匂いの違いには人が使っている柔軟剤や洗濯石鹸、ヘアケア製品などの香りによるものや、汗、皮脂、皮膚の常在菌、などによるのだそうです。
そういえば孫達はいつも、やさしい、いい香りでした。

自分の匂いに気付かない理由

そういえば自分の匂いは判りませんよね。それは日常的な匂いや自分の匂いは順応してしまい、気付かなくなるのだそうです。それは危険物などの匂いに敏感に反応するための、危険察知能力を活かすためのようです。

そうすると自分の匂いは自分で気をつけるしかないようですね。他人は言ってくれません。もし家族が言ってくれたとしたら素直に聞いたほうが良さそうです。

大人になるために

また面白いのは子供が思春期になるとパパを「臭い!」という理由です。それは子供が大人になるための準備で、強い子供を産むために遺伝子の近い親の匂いが嫌いになり、遺伝子の遠い人の匂いを好むようになるのだそうです。

そうなると「パパ、臭い!」と言われても、そう悲観するものではない。子供が大人になるための成長過程だと思えば喜ばしいことになる。それぞれ匂いにも意味があって面白いですね。

ほかにも好まれない臭いに加齢臭がありますね。

加齢臭とは

加齢臭は皮脂腺の中の脂肪酸と過酸化脂質が結びついてできる「ノネナール」という物質が原因で、40歳を過ぎると男女ともに酸化に対し抑制力が低下して脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えて起きるといわれます。

予防は勿論、体や衣服を清潔にすることですが、腸内環境を整えることが大切で善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことです。

それにはヨーグルトや納豆などの発酵食品をとること。ほかにビタミンCやビタミンE、ポリフェノールコエンザイムQ10などを摂ると良いそうです。
このように体の中からのケアはとても大切です。

食生活に気をつけると共に、どんな場合でもエチケットを忘れず、口臭や体臭、衣服の清潔に気をつけて、他人に不快な思いをさせないように気をつけないといけませんね。

他にも食品の傷んだ匂い、ガス漏れなど、アンテナを張っていれば、より危険を察知し対応できます。

何気なく過ごしている日常にも色々な香り(匂い)があり、癒しであったり、体と心の変化にかかわったり、危険を知らせてくれたりと、とても重要な働きをしてくれます。香り(匂い)をうまく生活に取り入れて、爽やかな健康生活を送りたいですね。

食品添加物を考える!子供達に安全で安心な食品を!

体に悪い食品添加物が使われたいろいろな食品のイラスト

娘(ママ)と孫と私の3人でスーパーへ買い物に行った時、「ママーこれ、入ってるー」と声がする。何事かと思ったら、孫がママに、買ってはいけないと決めている食品添加が入っている商品を教えていたのです。

孫の声が大きかったので、娘は店に気を使い「わかった、わかった」と孫の声を打ち消そうとしていました。

娘は特に子供には良くないと言われている食品添加物を食べさせたくないと、本まで買って勉強していて、それで孫も良く覚えていたのです。

いつ何をきっかけに食品添加物を気にし始めたかは覚えていませんが、親子そろって食品添加物は好まない。

しかし今の世の中、自給自足の生活でもしない限り、完全無添加の生活なんてしたくてもできな。そして全部が悪い物とも言えない。

なので買い物へ行くと、時にはお惣菜も買います。その時は原材料のところを読み、食品添加物が入って無いか、入っていても許される範囲の添加物なのかを確かめて買います。

食品添加物とはどういうものか!改めて考える

食品添加物の分類

食品添加物を3つに分け①入っていたら絶対に買わない添加物。②どうしても欲しい食品なら時には買っても良いとする添加物。③買っても良いとする添加物。と言ったように段階があります。

食品にはどうしても食品添加物を入れないとできないものがあり、豆腐や中華麺が代表的な物だそうです。

どの食品添加物がどれだけ体に悪いか悪く無いかを判断するのは難しい。あまり気にならない人もいれば、気になる人は気になるのです。

送り物にも気をつけて                                                         

一番困るのは、時々もらい物の中に、私の絶対に避けたい食品添加物が入っている時です。もらった相手に失礼だし、一度や二度食べたからといってどうなる訳でもないし、と食べようとするのですが、どうしても箸が進みません。結局、体に良くないと思いながら食べても仕方がないので、そっと捨てるのです。

自分も贈り物をする時は、このようなことも考えて送らないといけないのだと改めて感じました。

私にとって食品添加物は精神衛生上にも良くない物なのです。食品添加物は山のようにあり、どう付き合っていけば良いのかはなかなか難しい。

無農薬、無添加で頑張っている人々

苦労して無農薬で野菜を作って下さる農家の皆さんがいます。その無農薬野菜に好ましくない食品添加物の入った食品を合わせて料理するこの矛盾。それを少しでも無くそうと、私は自然派の宅配サービスを利用しています。

生ものは冷凍が多いのですが、他の食品や調味料、お菓子類にも食品添加物は殆ど入っていませんし野菜や米は無農薬か省農薬です。

このように努力すれば、まだまだ食品添加物や農薬を減らす事はできると思うのです。その分、私達も食品の管理をしっかりしないといけませんけどね。

子供達の未来のために

現代の食生活で、食品添加物を一切取らない生活をすることは困難です。毎日、何らかの形で摂っています。

少々なら摂っても大丈夫と言われる食品添加物でも、複数の食品から、複数の食品添加物を重ねて摂ってしまいます。そんな生活を、子供達が20年~30年と続けた時、体に害はないのでしょうか。そしてまた、その子供達が大人になり子供が産まれ、その子供の時代になっても、何の悪影響もないと言えるのでしょうか。

もし、その食品添加物が何らかの形で体に悪影響を及ぼしていたとしても、長年経てばそのせいかどうかなんて判らないでしょう。その頃には時効になっていて、どこに責任があるかも判らないのです。

早急な改善

外国では禁止されている食品添加物でも日本で許可されている物もあり、この点も早急に改善してほしいし、食品添加物も少なくしてもらいたい。

安全で安心な食品の提供

テレビ番組などで、売れる商品の開発競争、人気商品の売り上げ競争、そんな番組はよくありますが、食の安全を競う番組は見たことがありません。

食品添加物を減らす競争。添加物を入れるなら、その添加物のしっかりとした安全性の説明。原材料はこのようにこだわっている。といった、そんな番組を作って欲しいものです。

美味しい商品を作るのも大事、利益を上げるのも大切でしょうが、食品メーカーには、もっともっと研究してもらい、食品添加物を減らして安全で安心な食品を作って提供してもらいたいですね。

私達一人一人の努力も

私達も食品添加物の勉強をしっかりとして、安全な添加物、気をつけたい添加物をしっかり見極めて食品を買っていれば、少しずつでも良い方向へ向かって行くのではないでしょうか。