グルテンは身体に悪い?だけど美味しい小麦粉の魔力!上手に付き合おう

小麦粉、パン類とお米、ご飯をくらべたグルテンフリーのイメージ

家族は私(ばあば)が何か新しいことを始めると「また、ばあばのブームが始まった」と言う。いやいやブームではない。良いことは少しずつでもやってみるのが、ばあばのポリシー。周囲の者達には受信した知識は一応、発信する。それを受け取って、どう理解して、どう行動するかは自由だ!

「今回は小麦粉についてのブーム」「いや違います。ミニ知識です」

グルテンフリーに興味を持つ人が増えている

グルテンフリーはもともと「セリアック病」や「グルテン不耐性」といった免疫疾患でグルテンを摂れない人たちのために考えられた食事法ですが近年、健康志向な人たちの間で、グルテンを含む食品を摂取しないグルテンフリー」が健康法として広がりを見せています。(昨今、ばあばのまわりでも!)

テレビや雑誌で特集される事もあるので「グルテンフリー」という言葉自体は知っている人も多いのではないでしょうか。

グルテン小麦粉に水を加えてこねることで「グルテニン」「グリアジン」2種類のたんぱく質が絡み合ってできます。小麦食品のもちもち感や麺類のコシなどはグルテンによるものです。

小麦粉食品をおいしくするグルテンですが、体への悪影響も指摘されています。

グルテンフリーで体質改善

テニスプレイヤーのノバク・ジョコビッチ選手はアレルギーテストで、小麦に対して不耐性であることが判り、小麦製品を断ちグルテンフリーの生活にしてから体調不良が改善、スランプを乗り切りテニス界の王者となったそうです。

1月22日(土)のテレビ番組【人生最高レストラン】で俳優のディーン・フジオカさんもグルテンフリーの食生活にして花粉症が治り、アレルギー体質が改善したと話されていました。

誰もが治るかどうかは分かりませんが、アレルギー体質の人や原因不明の体調不良の人は参考にしてみるのも良いですね。

小麦粉のデメリット

小麦粉に含まれるグルテンは消化されにくいタンパク質で分解されにくいため、異物となってしまい粘膜に炎症を起こし腸内環境を悪くして、身体の様々な不調の原因になることがあるというのです。

また、朝食に小麦粉のパンは特に良くないとあり長年、朝は小麦粉のパンを食べていたばあばはちょっと驚きました。今まで大きな病気はしたこともないが、最近は疲れやすさも増し、歳をとり抵抗力も落ちているだろう身体のために、朝の小麦粉パンはやめて米粉パンにしてみようと思いました。

米粉やトウモロコシ粉を利用

ところが、なかなか米粉100%のパンは売っておらず、さし向き玄米粉50%小麦粉50%のパンがあったので、それを買い食べていました。その後、米粉80%小麦粉20%のパンも見つけ食べてみると、それぞれ食感が違い個性があって美味しく楽しんでいます。

米粉100%でパンを焼くのは難しいのだろう」と思っていたところ、今度は米粉とトウモロコシ粉、ベーキングパウダーをミックスした粉を見つけました。これぞ小麦粉ゼロ。それでパンケーキを焼いて食べると、これも美味しくレパートリーが増えました。

また、ご飯やお粥を食べてみたりもしますが、お粥もなかなか美味しく胃腸にやさしいし、年寄りの朝食にはグッドですよ。

小麦粉の魔力

小麦粉を使う料理はパンをはじめ、ラーメン、パスタ、ピザ、うどん、お菓子など沢山の物に使われています。天ぷらを揚げるにも衣にする小麦粉がいります。

小麦粉を使っている料理には美味しい物が沢山あり、小麦粉の魔力にひかれている人は多いですね。なかなか完全に断ち切ることは難しい。

グルテンがすべての人に悪影響を及ぼすわけではないと思います。幸いなことに小麦アレルギーのない(多分)ばあばは、小麦粉が主原料の料理はなるべく避け、食べても時々にする。くらいのゆるいところから始めています。

グルテンが身体に合うか合わないかの目安

グルテンが自分の身体に合うか合わないかなど、医療機関で血液検査や遺伝子検査をしてもらうと、今は未だ保険がきかないので高額になりがちなのだそうです。

なので、それを試すには2~3週間、グルテンフリーの食生活をしてみて体調が良くなったり、グルテンフリーをやめると良くなった体調が元にもどったりすれば、その人はグルテンが合わないのではないか?

また、グルテンを摂っても摂らなくても体調が変わらず元気であれば、グルテンに対して不耐性ではないのだろう。という目安になります。
はっきり知りたい人は医療機関でしっかり調べてもらうことです。

お米の力を見直そう

・朝食にお米を食べると脳が成熟する。

朝食に5歳~18歳の小児290名に、「ご飯」「パン」「ご飯とパン」のグループに分け脳の機能の違いを比較すると、ご飯のグループがパンのグループより脳内の灰白質比が大きいことがわかり、脳が成熟しやすくIQも高いことが明らかになったそうです。

・腸内環境が整う(水溶性食物繊維と不溶性食物繊維どちらもあり、腸に良い効果)

・腎臓の疾患や糖尿病にお米の白米タンパク質が良い影響を与える。

・ホルモンのバランスを整える。

・血中コレステロール値改善効果がある。など・・・

自分に合った食事を見つけよう

ばあばにはコレステロール値の高い友達がいて薬を飲んでいます。私は少々、心配なのでグルテンフリーがコレステロール値改善に良いらしいと話すと、パン好きの彼女は「小麦粉のパンを減らしてみよう」ということになりました。

すぐに効果が出るのは難しいでしょうが、生活に少しずつでも取り入れて試してみるのは良いことだと思います。

ばあばのグルテンフリー(グルテン減らし)効果

ばあばのグルテンは確実に3分の1以下になっています。1ヶ月以上経ちましたが、その効果か?以前は朝のトイレは食事を済ませて身体を動かしているうちに・・・といった感じでしたが、朝起きて直ぐに始まることが多くなり量も増えたような気がします。

グルテンフリーはダイエットにも良いといいますが、お米を使った食品もなかなか美味しいので、つい多く食べてしまったりして体重は200~300gの差を行ったり来たりといったところで、あまり変わりません。残念!しかし腸の調子は絶好調‼

自分の身体を知ろう

人間の身体は千差万別。食物、花粉、ダニなどでアレルギーを発症する人。肩がこりやすい、頭痛持ち、胃腸が弱いなど色々な体質の人がいます。自分の身体を知り、自分に合った食事や生活を見つけることが、健康へとつながるのだと思います。

 

牛乳の力は多彩で大きい!みんなに飲んで欲しい理由がいっぱい!

牛乳パックと牛乳を飲む男女

パソコンが壊れてブログ更新が不能になっていた ばあば です。
(>_<)
ようやく今年初めてのブログ更新となりました。
m(_ _)m

年末年始の話、牛乳が5000トンほど余り、廃棄か否かという問題になっていたようです。
その原因はいろいろあるようですが、年末に小池東京都知事が「牛乳を買って下さい」と牛乳を飲んでおられる映像がテレビで流れていました。

それを見て私は「もったいない話だな~」と思いました。

日本人はカルシウム不足

なぜかというと、日本人に不足しているミネラルはカルシウムと言われているのに、カルシウムの豊富な牛乳を活かせる手はないものかということです。
世界に比べても日本の牛乳消費量はかなり低いのです。

カルシウムの推奨量は年齢や男女でも変わりますが、1日に成人で700mg前後、成長期(12~14歳)の子供達には1日1000mg前後、欲しいといわれています。

カルシウムの働き

特に子供は成人に比べて骨の成長が活発で、この時期に骨を丈夫にしておくことが必要と言われています。

またカルシウムは骨や歯を丈夫にするだけではなく、すべての生命維持活動に大切な役割を担っているミネラルなのです。

精神を安定させたり、筋肉の働きを良くしたり、免疫機能の維持や、高血圧、動脈硬化の防止、抗アレルギー作用、出血の予防など、身体の沢山の機能に働きかけます。

このように子供にも大人にも、なくてはならない大切なミネラルなのです。

給食の大切さ

学校給食には牛乳がついていて、1本で230mg前後のカルシウムが摂れます。ほかの食品でも多少は摂れますし家庭でも摂っていると思いますが、両方を合わせても成長期の子供達のカルシウム推奨量1000mgを摂るのは、なかなか大変でしょう。

そこで国が協力して、給食にヨーグルトやチーズ、牛乳のゼリーなどデザート風に工夫して、乳製品をもう一つ足してもらえれば子供達の成長にも、生産者の助けにもなると思うのです。
学校給食の牛乳を飲む子供たち

美味しい牛乳のデザートが毎日出れば、勉強の士気も高まりそう🍮🧀🍪

また学校給食でカルシウムをしっかり摂り、運動場で太陽を浴びながら身体を動かす。それによりビタミンDが合成され、カルシウムの吸収が促進されます。それは元気な身体を作ると共に、健全な精神も養われるのです。なんと素晴らしい相乗効果でしょうか!

最後に

最近[子供の貧困]などという言葉がありますが、そんな子供達にも、しっかり食事のとれる日本でなくてはなりません。本当は世界の子供達ですけどね。

廃棄する牛乳があるのなら、こども食堂やフードバンクなどで使ってもらったらいいのにと思う昨今…。

まずは小さな一歩から。余った牛乳で学校給食に、乳製品をもう少し増やして欲しい。(子供達の未来の為に国の力でなんとかならないものか!)

家庭では子供達だけでなく、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんもコップ1杯の牛乳を飲みましょう。※体質に合わない人(おなかがゴロゴロしやすい人)は、無理に飲まないように気を付けましょう。

骨も丈夫になり、健康にも役立ち、心も穏やかになるかもしれませんよ。💛
特に疲れた時はまず、温かい牛乳をゆっくり飲んでみてください。❤❤❤
ばあばは、これでほっとしてよく眠れます。

食事は健康な身体と健全な精神を作る源です。身体と心は連動しています。身体と心は一体です。それは子供を育てておられるお父さんお母さん達にも一層、心して欲しいことです。

「世界中の人が普通に食事ができ、牛乳を飲んで心穏やかに暮らせれば、戦争なんて起きないのではないかな~?」(世を憂う 老人の独り言…。)

白内障を治療して歩きが軽やかに!目の健康は足にも関わっていた‼【長寿】

白内障を治療し、元気に歩くおばあちゃん

まさに来年の4月が来ると満100歳になる私の母。今は私の娘のところで生活している。娘は大学4年間、看護、介護、医療、養護と、その道の勉強をしていて現場も踏んでいる。その娘が母の世話を買って出てくれていて、私にとってはこれほど安心なことはなく、おかげで私は自分の老後を楽しく健康に過ごしている。

新型コロナで楽しみ半減

私達3代、母、私、娘の3人は女子会を結成している。新型コロナが流行する前は月2回くらいのペースで、3人で食事に行ったり、催し物会場をのぞいたり、ミニドライブへ出かけたりと、母にとっても楽しみの行事だった。

それが新型コロナの影響で、できなくなり週1回のデイサービス以外は、ほとんどテレビの前に座って動かない母。足が弱るのを心配して、娘は何とか母の身体を動かせようと工夫している。

外出できる日を楽しみに歩きを継続

NHKの番組で1日3回、テレビ体操がある。午前(9時55分)昼前(11時30分)午後(1時55分)と、1回5分くらいで年寄りには丁度よい。娘は母の身体のために、その体操をしようと母と約束していて、3回ともチャンネルの予約をしている。勿論できる範囲で立って動いてくれればいいと思っている。

しかし、母は1回目の体操だけで充分したかのように、次の体操の時間は忘れたふりをして、ほかのテレビ番組に変えて見ている。娘はすかさず「あら、番組が変わってる。間違って押した?体操の時間、始まってるよ」などと何気なく体操の番組に切り替える。

いやいや立ち上がり手を振り始める動きたくない母と、少しでも立ち上がらせ足の衰えを防ごうとする娘の、ちょっとしたバトルである。ほかにも庭の花の水やりのお手伝いをさせたり、近所のコンビニまでおやつを買いに連れて行ったりするが、甘い物が大好きな母は、この時ばかりは足が軽い。都合のよい足である。

だが、必要以上には動きたがらなくなった99歳の母に無理もないと思いつつも、元気で長生きしないとつまらない。楽しい老後を過ごしてもらうためにも、立って歩ける足を持続してほしいという私達の願いがある。

桜並木を杖を突いて歩くおばあちゃん

お出かけは大好きな母なので、歩くことは必須なのだ。長距離は無理だが杖をついたり、手をつないだりすると楽しい時はよく歩く。きれいな景色を見るのも好きで感動する母だし、美味しい物を食べに行ったり、お茶を飲みに行ったりするのも大好きなのだ。

白内障が歩行を妨げていた

視力検査をするおばあちゃん

2~3年前、出かけるとよくつまずきそうになるので眼科で診てもらうと、右目が白内障でほとんど見えていないと言われ早急に手術した。ということは景色や食べ物、周囲の物すべて、それなりにしか見えていなかったのだろう。

手術後、鏡を見ての第一声は「私こんなにシワがあった?」「いやじゃ、手もシワシワや!」と自分の手をまじまじと見て怪訝そうに言うので、私も娘も爆笑した。「見えないほうが良かった?」と私が冗談を言うと母は「それも困るなー」と今度は3人で大爆笑。今でも、その光景が忘れられない。

目がみえるようになり歩きに変化

よく見えるようになった眼は周囲をよく把握できるようになったのか、手をかそうとすると「大丈夫!」と言って一人で歩こうとするようになった。

動きたがらない一因に、白内障で周囲が見えにくいことが大きく影響していたことを、解ってあげられなかった私達にも責任があっただろう。

コロナが落ち着いたら女子会を再開し、母のよく見えるようになった眼で、綺麗な景色や花を見に行ったり、美味しい物を食べに連れて行ってあげたいと思っている。

そのためにも歩ける足でなくてはならない。毎日の生活の中でも、母を1歩でも多く歩かせるよう、周囲の者は日々努めている。

母に続けと頑張っている私

母だけではない私も同様、確実に足は弱っていてお腹も少々出ている。これはいけないと思い、最近テレビでやっていた、ゆるジャンプとパカパカ体操を自分なりにやっている。

ゆるジャンプは、その場所で軽く飛ぶのだが、年寄りの私にはテレビ通りにはいかない。床から足を浮かして飛ぶこと自体が大変。なので、つま先は浮いたか浮かないかくらいで、かかとを浮かしたり戻したりして飛ぶ。それだけでも1回に40回前後すると、なかなかしんどい。それを1日2~3回行う。ふくらはぎに良く効いている。

ゆるジャンプの後に続いてパカパカ体操を40回くらいする。パカパカ体操は椅子に座り両足を床から浮かせ、大きく左右に開いたり閉じたりするだけのとても簡単な体操ですが、なかなかお腹に効きます。

椅子に浅く座り足を床から上げるほど、きついって感じですので若い人は浅く座り足をなるべく上にあげよう。まあ年寄りは無理のない程度に。椅子に少し深めに座ると楽にできる。

私は、これを始めて3週間以上経ちました。普段から体重は毎日計っているのですが300gくらい減っている感じがするのですが、何かの誤差でしょうか?続けてみて明らかに体重が減ったり、お腹がしまったら、この面で報告したいと思います。

何もいらず、いつでもどこでもでき、とても続けやすい体操ですので皆さんもやってみてはいかがでしょうか。若い人の方が結果が出やすいのでは?テレビの実験では体重も腹部も減っていましたよ。

歩行は元気で過ごすために必要不可欠

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、足に溜まった血液を心臓に戻すポンプの役割りをして、身体全体の健康に重要な役割を果たしています。足がいかに大切だということです。普段から意識しましょう。

自分に合った体操を続ける

NHKの、テレビ体操は1日3回あり、時間の都合で1回でも3回でも、若い人から年寄りまで誰でも簡単にできます。特に座りっぱなしの仕事の人などは、立って手足を伸ばすだけでも疲れが軽減してスッキリしますよ。

NHKのテレビ体操、ゆるジャンプ、パカパカ体操、ほかにも自分に合った体操があれば、それでも良いのです。要は無理のない程度に体を動かすことです。
一番大切なことは続けること「継続は力なり」です。元気で楽しい生活を♥♥♥