口臭対策!舌苔除去にマヌカハニーを利用して手軽に口腔ケア

マヌカハニーとマヌカハニー飴

健康は口の中から

朝起きた時の口の中の気持ち悪さ、痰が絡むような感じが、何とか治らないものかと思っていると、ふとマヌカハニーが口腔ケアに良いということを思い出しました。

夜、歯磨きをした後ティースプーン1杯くらい、なるべく口の中に長くとどまるように食べました。

スプーンですくい上げられたマヌカハニー


次の朝、痰が絡まないのに驚きました。「ほーっ」と思いながら自分の舌を見ると、ぶ厚くタラコに白い物が付いているような舌でした。

これは駄目だと、マヌカハニーが舌苔(ぜったい)をとる効果もあるというので、その後もマヌカハニーを食べました。しかし、それほど実感が無く、そんなに簡単にはいかないのかなーと思っていました。

1週間ほどたったある夜、歯磨きをして舌ブラシで軽く舌を掃除した後、直接舌に塗ってみました。次の朝、確認するのを忘れ、夜いつものように歯磨きをして何気なく舌を見ると、白い物は薄くなり舌がかなりピンク色に戻っていたのです。

たらこのような舌も、なんだかスッキリして見え、本当に嬉しかったので、家族にみせると「ふーん」って感じでした。元々、元の舌を見せていないので、違いが分かるはずがない。無理もない。

ところが難しいことに、舌苔は粘膜を保護する役割もあり、無くても駄目だし、多すぎると口臭の原因になるというのです。

健康な舌はピンク色で舌苔が薄っすらついていて、舌の色が透けて見える感じだそうです。舌苔も、ほどほどに取らないといけないということです。

舌苔は舌ブラシで軽く優しく決して舌を傷つけないように気をつけて、毎日少しずつ取って下さい。

舌は健康のバロメーターとも言われます。毎日舌の色や舌苔の状態をチェックすると良いそうですが、なかなか毎日は難しいので、時々でもチェックしましょう。

舌苔と舌で健康チェック

舌苔の状態がこんな時

舌苔が白く厚ぼったいのは胃腸が弱っていたり、風邪や感染症の初期に現れることもある。

舌苔が黄色っぽいのは体の抵抗力が落ち、胃腸のバランスが崩れている状態であったり、風邪で高熱がでたり、胃炎を起こした時などに現れる。

舌苔が黒ずんでいるのは体力が極端に落ちていたり、なんらかの病気が進行している時や、服用している薬の影響であることもあり一度、病院での診察を受けるほうが良い。

舌苔がほとんどないのは抵抗力が落ちて、全身が虚弱になっていたり、貧血を起こしていることもある。

舌の色がおかしい

赤みが強い舌は体に熱がこもったり、水分が足りなかったりする。アルコールやカロリーの高い食事、刺激物の摂り過ぎなどに注意する。

白っぽい舌は全身の血液の循環が悪い時、冷えや、貧血、疲労などが原因。体を温め、栄養をしっかり摂る。

紫色を帯びている舌は血液がドロドロのサインで、老廃物で血液が汚れていたり、コレステロールがたまったりしている。肩こりや腰痛など慢性の痛みやコリの原因になる。

舌の形にも注意

 舌の裏の血管が膨らんでいるのは、舌の裏には静脈が走っていて、この静脈が膨らんでいると、心臓や婦人科系など血行障害で起きる病気になりやすいので注意。

舌のふちがデコボコしているのは舌がむくんで歯に当たり、歯型がついているため。冷たいものや水分のとりすぎで胃腸の働きが低下していると考えられ、頭痛やだるさ、下痢などを起こしやすい。

舌のひび割れ、舌の中心を走る線(正中線)以外に舌に線や亀裂が入っているのは水分不足や脱水症状、あるいは疲労や虚弱体質などが原因。体を休めて、こまめに水分を摂る。


舌に、こんなに沢山のサインがあるとは驚きました。確かに口の中は細菌が増えやすくトラブルも起きやすいところですね。

特に朝起きた直後の口の中の細菌は、すごい数です。必ず口の中をよくすすぐか、歯磨きをした後、朝食を摂って下さい。

私は歯磨き剤をつけずに軽く歯磨きをして、朝食後、歯磨き剤をつけて磨きます。
そうすることで細菌が体内に入らず、健康に大きく役立ちます。

朝食前の歯磨き、口すすぎ 行っている方も多いとは思いますが、やっていない方は、これだけは自分の健康のために是非、実行して欲しいと思います。

机にに置かれた二種類のマヌカハニー
また興味のある方はマヌカハニーを口腔ケアに役立てて下さい。マヌカハニーとはメチルグリオキサールという強い抗菌活性成分を含んでいる、すごいはちみつです。

マヌカハニーの口腔ケア

マヌカハニーの効能

口内の細菌の繁殖をおさえ、口臭や虫歯予防、歯周病対策に役立ちます。

舌苔を取り除く効果も認められています。

喉のイガイガ、口内の荒れ、口内炎などの対策にも効果的です。

マヌカハニーの摂り方

まず口の中をすすいだり歯磨きをして清潔にし、マヌカハニーを口の中に入れ、なるべく長く口の中にとどめます。

また、マヌカハニーそのままだと口の中にとどまる時間が短いので、固めて飴になったマヌカハニー100%、UMF10+とグレードの高いマヌカハニーもあり、私はとても重宝しています。

喉がちょっとイガイガしたり、カラカラに乾燥したりすると、直ぐに1粒口にいれます。それでほぼ治ります。

台に置かれたマヌカハニー100%、UMF10+グレードのマヌカハニー飴

もう一つプロポリス配合のマヌカハニーキャンディーも利用しています。これもMGO400+とグレードの高いマヌカハニーに、沢山の健康効果のあるプロポリスが配合された飴です。こちらは砂糖も入っているので歯磨き前が良いと思います。

台に置かれたマヌカヘルスのマヌカハニー飴MGO400+

飴は口に入れて噛まずにゆっくりと溶かせば時間がかかり、その分、口内で殺菌効果が持続するので、口臭対策や舌苔除去など口内ケアに効果的です。

そのマヌカハニーが溶けて体内に入ると、口腔ケアだけでなく健康効果にもつながり、沢山の役割を果たしてくれます。

私は外出時にいつもバックに入れている飴、年寄りの必需品の飴をマヌカハニー飴に変えました。

疲れたら1粒お口にポン。普通の飴より体に良いし、疲れて増えている口の中の細菌も減らしてくれます。

友達と1粒の飴

昔、お婆さんじゃなくおばさんの頃、一緒に遊びに行っていた友達の体調が悪くなり、バックの中に入れていた飴を1粒食べさせました。しばらくすると「元気が出てきたー!」と言って、また遊び続けたことがあります。原因は不明でしたが、今もその友達チョー元気です。

その頃から、バックには飴のような物を入れておくことにしています。自分にも他人にも何か役立つことがあるかもしれないと思うのです。

今、バックの中にはマヌカハニー飴が3粒、栄養バーが2本入っています。どなたでも、いつでもどうぞ。

マヌカハニーのことは以前にも書いてありますので一緒に読んでもらって、理解して使ってもらうと良いですね。 

マヌカハニーマヌカハニー飴は1歳未満の乳児には与えないで下さい。
マヌカハニー飴は噛んだり飲み込んでしまう恐れのある乳幼児には食べさせないで下さい。